私は以前、オーストラリアに留学したことがあります。
それまで英会話の勉強をほとんどしたことがありませんでしたが、実際に英会話をして生活をしなければならなくなった時、英会話の勉強はとても大切なものだと実感しました。
そして、日本でも英会話の勉強にもっと力を入れるべきだと思いました。
日本人は英会話の前にもっと単語や熟語、文法を完璧にしなければならないと思いがちです。
間違って使ってしまった時の恥ずかしさや自信のなさからそのように考えてしまいます。
しかし、それでは英会話の勉強を始めるのが遅くなったり、実際に英語が話せるようになるまでにもかなり時間がかかってしまいます。
英語を学んでいる外国人は日本人よりかなり長く英語で話すことができますが、文法のテストをすると日本人よりもできなかったりします。
しかし、会話ができているということは、相手に伝わっているということです。
間違っていても、最初のうちは相手に伝えることがとても大切です。
できることなら、英会話の練習はネイティブスピーカーとするべきです。
自分の英語がネイティブにどの程度理解してもらえるかがわかりますし、リスニングの勉強にもなるからです。
英語を勉強する時は今までの単語や文法の勉強に加え、もっと英会話の勉強にも多くの時間を使うべきでしょう。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする