引っ越し荷物を段ボール箱に入れたら番号を振っておくと良いですよ。番号は見やすく段ボール箱の底以外の面すべてに番号を振ります。一面だけに番号を振ってもその面が見えなければどうしようもありません。番号を書き込む作業はめんどうじゃないのでやってみてください。

通し番号を書き込むことでどの部屋の荷物が入っているのか分かります。もちろん分かるようにするためにメモをつくって何番に何が入っているというようにしておくのです。その際色分けするともっと良いですね。大家族が引っ越しするとなると民族大移動のような状態になり、特に洋服は誰のものがどこにしまってあるか分かりません。

大家族ならなおさら通し番号を振っておき段ボール箱に大きく番号を書き込むのです。母の荷物は赤、父の荷物は青、姉の荷物はオレンジというように色分けして通し番号を振っておくとゴチャゴチャしません。迷ったり探したりする余計な時間を節約することもできるので家族の人数が多ければ多いほどこの方法は役に立つと思います。

くれぐれも通し番号について書いたメモをなくさないこと。これをなくしてしまったらもはや何が入っているのか分かりませんからね。コピーを取り全員に渡しておくことをオススメします。

引越し画像9

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする