かつては仕事でも英語を使う現場にいました。
といっても入社当時の英語レベルは5段階評価で言うと2。
こんなので仕事になるのか?と、最初は心配しましたが、
人間って必要に迫られれば、驚くほどの記憶力を発揮するようで、
辞書を片手にもくもくと必死で仕事をこなすうちに、
いつの間にやら、英文でのFAXのやりとり、簡単な電話応対もできるようになりました。
その仕事から離れて早10数年・・・英語にふれることも全くないまま過ぎ去りました。
10年離れると、あんなに頭の中にしっかりとあった英語のフレーズや単語も
本当にきれいさっぱり消えてしまいました。
また5段階評価の2に逆戻りです。

現在は小さな子どもを育てながらの専業主婦をしています。
子どもが小さいと自分の趣味どころか家事をするだけでもいっぱいいっぱいで、
なにか勉強をすることなんて、全く考えてもいませんでした。
子どもが3歳になったころ、夫の両親からの助言で子ども英会話教室に通うことになりました。
ネイティブの先生もおられ、久しぶりに生の英語に触れ、
英語が日常的に身近にあったあの頃がなつかしく思い出されました。
子どもはまっさらの状態から英語を学んでいくので、
本当にスポンジが水を吸収するかのように、単語やフレーズを覚えていきます。
発音も大人のような照れがないし、まだ文字が読めないことも手伝って、
聞こえたとおりに真似をするので、舌足らずながらもきれいな発音をしています。
子どもがキラキラした目で英語を学んでいる姿を見ているうちに、
自分がかつて抱いていた「英語をもっと勉強したい」という気持ちがむくむくと再燃してきました。
一緒に学ぶうちに頭の中に、当時使っていた英語が次々よみがえってきます。
年齢的にも今さらもうなにかを覚えたり学んだりすることは諦めていたけれど、
勉強をはじめることに、遅すぎるなんてことはないのかもしれませんね。

メイン13-92
始めたいと思った今を逃したらまたチャンスが遠ざかりそうなので、急いで参考書を買ってきました。
発音は生の英語を聞くのがいちばん良いので、
オンラインで学べる英会話の体験を申し込んでみようかと思っているところです。
40代からの英会話、どこまで伸びるか、自分でも楽しみです。

 

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする