» 引越しのブログ記事

グランドピアノの引越し料金の相場を知っていますか?→グランドピアノ 引越し料金 相場

私の実家は千葉県にあるが、これまで数多く引越しをした。
まず実家の付近でアパートを借りて兄と住んでいたことがある。
その後、仕事の関係で群馬県へ引越し、その後結婚して国外にわたった。
だが、どれだけ引越しの回数を重ねようが、遠くまで行こうが一つだけ言えることがある。
それは、実家は大切であるということだ。
私がアグレッシブに県外、海外へと移動して行けたのも実家というホームベースがあってのことであり、何かあってもいつでもここに戻ってくることができるという安心感があったからにほかならない。
実際ビザの更新であるとか、治療であるとかで日本へ帰ってきたとき実家に帰ってことを済ませている。
そして、実家に帰るとそこには友人たちがいる。

85fb5c644672081930dbc79e466d3f09_s
友人たちの近況を聞いたり、あって一緒にご飯を食べたりお酒を飲んだり、そういう古き良き友との交友が私に一層のエネルギー与えてくれるのである。
去年、母が病気で亡くなってしまったが、その時も実家の付近に住む友人達がいろいろと助けてくれた。
葬儀の準備などで忙しかったが、彼らの助けがあって私たちも多くの慰めを得ることができた。
そんな経験をすると思うのが、友情というものは続くものなのだと。
そして、特に自分が育った町の友人というのはまた別で、第二の家族のようなものである。
私が帰るといつも「お帰り」と言ってくれる。
以前、私は引越してしまったら友情は持続できないと思っていた。
しかし、決してそんなことはなかったのである。

14f4bd48479849f7e76ed28a64ac3091_s

引越しで割れ物を梱包していくときに、最も危険なのはコーヒーカップではないかと思います。私もこれまでにコーヒーカップを箱に入れて移動したことが何度もありますが、取っての部分が割れやすいのです。

本体の部分を綺麗に包んだとしても、取っての部分に何らかの衝撃が加わってしまえば、簡単に割れるのです。なのでコーヒーカップ全体を包むときには、取っての部分まで全て包み込むような梱包材が必要になってきます。

私が良いと思ったのは、大きめのタッパーの中に入れてしまうのです。そうすることで取っての部分だけに負荷がかかるのを防いでくれます。しかし、コーヒーカップが全てはいるサイズのタッパーというのは自宅を探してもなかったりします。

背の高いタッパーは100円ショップでも売っているので、見つけて購入しておく方が良いと思います。ただ、引越しをする作業のためだけにタッパーが増えるというのもどうか?となってしまいます。

そんな時には無理にでもタッパーを使うようにするのです。私は古本などをタッパーに綺麗に入れておけば、曲がることもなければホコリを被ることもないので、良い方法ではないかと思っています。長年使わない本なら、古本屋さんに処分してしまった方がベストだとは思いますが。